「星に落ちた母と娘~ふたりの死と、神話の終焉~」(タスシナジオジタス)

星に落ちた母と娘~ふたりの死と、神話の終焉~

星に落ちた母と娘~ふたりの死と、神話の終焉~

サークル: タスシナジオジタス
サークルHP:
発売日: 2020年10月05日 16時
ジャンル: 女主人公 逆転無し シリーズもの 少年コミック 青年コミック SF 変身ヒロイン 魔法少女

gyss0305星に落ちた母と娘~ふたりの死と、神話の終焉~

☆連作→gyss0302絆の鎖~リライジング・シスターズ~ gyss0303ふたりの母、ソフィアと楓~リアライジング・ドールズ~
gyss0304淀ちゃん最期の変身~その名はカオス・ワイバーン~

淀ちゃんは、自身が『本物の淀』のコピー、ギュランビトであることを知った。

本物の淀はすでに10年前の実験で死んでおり、神妙ら母親たちの、『娘を元に戻したい』というよこしまな願いこそが、寄生擬態宇宙生物が地球に襲来した原因だった。

そしてギュランビトのマザーである花子が淀を狙い続ける理由は、まさしく文字通り、淀こそが『地球上のすべてのエレメントを制した、最強のギュランビトの王女であり、女王である自身の娘』であることに他ならなかった。

死んだ淀のかわりとなって、同胞である宇宙人を殺し続けてきた、正義の戦士・ジナシストロン。

自分たちが侵略者そのものだったという少女たちの絶望と、それをまねいた母親たちの悔恨。

そのとき、ともに戦い続けてきた相棒ーーーカオス・コアが、すべての咎を背負う覚悟を決めた。

そして同時に、花子もまた…自身の手から離れ、地球の仲間たちに囲まれ、慕われる娘・淀の姿を見て、侵略者としての敗北を認める覚悟を決めていた。

ふたりの主人公。最強の、双璧。娘と、母。淀と花子は、すべてを終わらせるため、たった一対一での決闘を挑む。

ずっとふたりで合体し、カオス・ワイバーンとして戦い続けてきた淀とカオス・コアは、永遠の離別を決意し、『最期の究極の変身』をする。
それはーーー淀の生命エネルギーすべてを注ぎ込み、『カオス・コア単体で、カオス・ワイバーンへと進化する』ことだった。

くずれていく淀の肉体。あらわになる、緑と黒の触手生物・ギュランビトとしてのいびつな姿。
淀に産みの母を殺させず、かわりに地球を侵略するギュランビトの親玉・花子を殺す咎を背負い、正義のヒーロー、カオス・ワイバーンという一つの存在として、独り立ちすることを決意したカオス・コア。

ふたりで戦い続けてきた、戦いの真相をーーー地球侵略の斥候、ギュランビトの王女の育成という、ジナシストロンの戦いと進化の真実を隠し、淀を『地球を守った正義のヒーロー』として、あり続けるため。

そして、カオス・ワイバーンの必殺技ーーー闇の拳・アラモグドアが花子の身体を貫いたとき、
花弁のようにほぐれ千切れ飛ぶ、触手生物の赤と黄の肉片が零れ落ちたとき。

地球に落ちた星の親子は、産まれて初めて、ありのままでの再会を果たした。

—————————————-

<商品仕様>
ストーリーメインのCG集。

画像基本1枚。差分込み全12ページ。

画像サイズ <4KUHD>3840×21601920×1080

[HP]https://itigota.x.fc2.com/
[e-mail]sgmcomplex@gmail.com
(c)ヒロカワミズキ/スタジオ・ジナシスタ!!

星に落ちた母と娘~ふたりの死と、神話の終焉~

「星に落ちた母と娘~ふたりの死と、神話の終焉~」の続きはこちら