「スプレンダープロシード 第12話」(ユメフラシ)

スプレンダープロシード 第12話

スプレンダープロシード 第12話

サークル: ユメフラシ
サークルHP:
発売日: 2020年12月18日 16時
ジャンル: シリーズもの 青年 魔法使い/魔女 戦士 少年コミック ファンタジー

ベルクリフの王、ダグラス・フォルコナーは病に蝕まれていた。
かつての覇気は見る影もなく、王の心身は徐々に衰弱しつつあった。
その病は特殊な毒の症状と似通っているため、治療には希少な薬品『広解毒薬』が必要となる。
しかしパラデッドの襲撃で流通が乱れ、完成品の入手は難しくなり、不運が続く結果となってしまった。
まるで何者かの謀略だと思えるほどに。
『広解毒薬』は調合の技量が必要となるものの、材料の薬草自体はそれほど珍しいものではない。
ベルクリフ軍を少しでも助けようと、薬草採取に協力しようとしたリヴェル一行。
道中安全な保証はない、実力を確かめたい、と模擬戦を提案した隊員ニーナ。
互いの意思を汲み取った隊長アルバートは、両者へ応えるかのように剣を取った。

スプレンダープロシード 第12話 スプレンダープロシード 第12話 スプレンダープロシード 第12話 スプレンダープロシード 第12話

「スプレンダープロシード 第12話」の続きはこちら